収入証明書不要 100万円 カードローン

MENU

収入証明不要で100万円借りられるカードローンってある?

50万円未満の少額融資であれば、保証人なし・担保不要のカードローンを扱っている金融機関はたくさんあります。

 

では、100万円の借り入れになれば、収入証明がないと借り入れができないのかというと、そんなことはありません。

 

収入証明不要で、100万円まで借り入れができるカードローンがあります。それは、銀行のカードローンです。50万~100万円までなら、大抵の銀行で収入証明の提出を求めません。

 

急いでお金が必要な時は、審査時間が最短30分の三井住友銀行カードローンや、最短40分でカードを発行してくれる三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)などがおすすめです。

 

ただし、100万円を超える借り入れを希望している場合、収入証明不要で借り入れができるのはみずほ銀行カードローンがおすすめです。これは、みずほ銀行のカードローンは、200万円までは収入証明書の提出が不要だからです。ただし、ローンカードの受け取りのときに運転免許証が必要だったり、審査に時間がかかるというデメリットもあります。

 

利用限度額が100万円を超える銀行カードローンに申し込む時は、スピード重視なのか、融資金額を少しでも多くしたいのか、よく考えて金融機関を選びましょう。

本人の収入がなくても主婦向けの専用カードローンがある!!

融資を受ける大原則は、返済財源があることです。

 

会社員なら毎月の安定した収入(源泉徴収より)、自営業者なら所得額(確定申告書より)などです。

 

専業主婦は収入がないので、以上の原則を考えると融資は不可能です。

 

ですが、配偶者に安定した収入がある場合は利用できる融資商品もあります。

 

また、融資を受ける際にもう一つ重要となものが、総量規制です。

 

総量規制とは貸金業法に含まれる内容で、個人に対して収入の3分の1以上は融資してはいけないというものです。

 

貸金業法は消費者金融や信販会社に対して適用される内容であるため、専業主婦でカードローンを申し込む場合、消費者金融や信販会社は利用できず、銀行カードローンしかないことになります。

 

銀行カードローンにも、通常のカードローンと、専業主婦専用のカードローンがあります。

 

銀行は貸し倒れリスクを少なくするために、専業主婦に対して一般的に50万円以内の極度を設け融資を行っております。

 

審査においては、専業主婦は収入がないので収入のある配偶者に対して審査がかけられます。

 

通常のカードローンと専業主婦専用のカードローンの違いは、在籍確認の有無です。

 

通常のカードローンを専業主婦が申し込む場合、配偶者の情報を記入し、電話や訪問などで配偶者に在籍確認を行います。

 

専業主婦専用のカードローンも、収入のある配偶者の情報を元に審査を行いますが、信用情報機関などの個人情報データから審査する場合が多いので、本人への在籍確認などは行いません。

 

以上のように専業主婦でも借りることができるカードローンはありますが、夫婦間で金銭の借入を内緒にすることは、後々トラブルの元となり得ますので、よく話し合ってから利用した方がよいといえます。