消費者金融 メリット デメリット

MENU

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

消費者金融といえば、アコムやプロミスといった企業名がすっと出てくる人も多いのではないでしょうか。

 

テレビCMや雑誌広告などでよく見かけますから、身近な存在のように感じますよね。でもこの消費者金融、ローン地獄に陥って大変な目に遭った、というような話を聞くこともあります。消費者金融とは、ほんとにそんなに怖いものなのでしょうか?

 

結論からいえば、それは貴方の使い方次第、です。

 

消費者金融が展開するローンサービスの特色は、少額から手軽に借りることができて、銀行系ローンに比べて審査もそれほど厳しくなく、即日融資にも対応してくれるフットワークの軽さです。

 

消費者金融だと最低1万円からでも借りることができるところがほとんどですので、「思いがけない出費が続いてピンチ!」というときに、素早く助けてくれるのが消費者金融、というわけです。特に今では、30日間に返済すれば無利息という使い勝手の良いサービスも多くなってきていて、さらに利便性を高めています。

 

これまでメリットを書いてきましたが、ではデメリットとはなんでしょうか。それはずばり、「金利の高さ」です。消費者金融系のローンでは、上限金利はおよそ18%前後であるところが多いです。これは、銀行のローンでの上限金利15%前後を大きく上回ります。

 

月額の支払金額はどこでも数千円から設定できますが、返済額からはまず利息分の支払いがされ、その残った金額がもともとの借入金の返済に充てられます。そのため、あまり低い返済額を設定すると利息分の支払いばかりで元利の返済がなかなか進まず、完済までに時間がかかってしまうということもあります。金利が高いとこのデメリットが生じやすく、思い通りに返済が進まない一因ともなっているのです。

 

ですから、消費者金融を利用するときには、なにより計画的な返済を立てておくことが最も大事なのです。おおよその金利も含めて返済総額、返済期間がどれくらいかかるかを考えて借り入れると、早々ローン地獄に陥るというようなことはありません。

 

理想的なのは、ピンチのときにさっと借りて、収入があれば出来るだけ早く完済する、という使い方です。消費者金融も、理解したうえで賢く使えばちょっとしたお金の危機を救ってくれる役立つ存在なのです。

 

誰にもバレない即日キャッシングをする方法は?

お金はいますぐ欲しいけど、誰にもバレたくないのが本音ではないのでしょうか。通常、キャッシングの申し込んだ後に、勤務先に確認するので不安になっても仕方ありません。ところが、誰にもバレないで借入ができるキャッシングがあります。方法は銀行口座振込、自動契約機、無人契約機の3つです。

 

1、銀行口座振込で借りる場合
@アコム
Web申し込みの場合は土日祝24時間受け付けています。契約後すぐに指定の口座へ振り込まれて、カードは後日郵送されます。また、50万円以下なら原則収入証明書は不要です。
Aプロミス
「瞬フリ」を利用すれば、24時間最短10秒で振込が可能です。そのためには三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要になります。22時までに契約完了することが条件です。また、50万円以下なら原則収入証明書は不要です。

 

2、自動契約機
@三井住友銀行カードローン
ローン契約機(自動契約機)で9時から21時まで申し込むことができます。

 

3、無人契約機
@アコム
営業時間は9時から21時で年中無休です。審査は無人契約機の必要項目を入力して、運転免許証などの身分証を読み込ませます。審査は最短30分で結果の連絡後に、契約が成立してカードが発行されます。

 

誰にもバレないで借りて、キチンと返済すれば問題ないのではないのでしょうか。

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

プロミス

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

モビット

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

アコム

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう