債務整理

MENU

債務整理特集記事一覧

債務整理の方法は自己破産、任意整理、個人再生、そして特定調停があります。この債務整理の手続きを自分でするか、もしくは弁護士や司法書士などといった専門家に依頼するかというどちらかになるでしょう。借金や債務整理に関しては自分のことになります。もし専門家に依頼するという場合でも、依頼しようとしている専門家が提示した見積もりの金額が妥当であるかどうこ、そして専門家に対して様々な知識を持ったうえでのぞむこと...

自己破産の手続きを弁護士や司法書士に依頼する人がいる中で「費用がもったいない」ということから、自分で自己破産手続きを行うことを検討している人もいることでしょう。自己破産の申し立ては裁判所に書面にて行います。必要な書類は「破産手続き申立書」「陳述書」「債権者一覧表」「資産目録」「家計全体の状況」です。これらの書類は裁判所によって書式が異なりますので、まず裁判所に行って確認をする必要があります。裁判所...

過払い金が発生しているかどうかを確認するためには、貸金業者と取引を開始した当初から借り入れと返済の全ての経過をまとめることになります。全ての借り入れと返済の日付、金額を調べて法定利率による「引き直計算」をし、過払い金が発生しているかどうか、もし発生しているならば金額はいくらかを確定します。「信用証書」や「支払伝票」などを全て保管していればよいのですが、多くの場合、取引が長期間にわたっていますので伝...

債務整理には「任意整理」「個人再生」そして「自己破産」という方法があります。まず任意整理は債権者と個別に話し合いをして、返済条件を緩やかにしてもらうというもので、本来であれば発生する利息を免除してもらう場合もありますので返済総額がかなり減ることになり、さらに緩やかな条件での返済が可能になります。この任意整理は「現在の返済額では高すぎるが、もう少し返済額を減らしてもらうことが出来れば支払いができる」...

債務整理をして、数年間の計画的な返済方法に変更できた後に払えない場合が発生したらどうしたらいいのだろうと悩む人もいるはずです。確かに、人生何があるのか分からないので、債務整理をした後に利息や遅滞金がなくなって分割払いの額が少ない返済方法になっていても、返済が難しくなる時もあります。しかし、債務整理をしたのなら、通常の借金の返済とは異なります。債務整理をした際に交わした文書には、大抵のパターンで「2...