おまとめローン 年収

MENU

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

おまとめローンを利用する場合、年収の三分の一までしかお金を借りることができないという制度、総量規制は適応されません。

 

そのため今までは銀行でおまとめローンの利用をするのが一般的だったのですが、現在は総量規制対象の消費者金融でもおまとめローンの契約を率先して行っているのです。

 

ただし、おまとめローンの審査には、各金融機関独自のおまとめローン審査基準というものが用意されております。

 

特におまとめローンの審査基準で重要視されているのが年収であり、最も早くおまとめローンというサービスを提供している東京スター銀行ではおまとめローンの審査基準賭して年収を200万円以上ということになっております。

 

つまり基本的にはおまとめローンの審査を受けるためには、かならず年収が必要になるということになりますので、年収が全くない人にはおまとめローンの審査を受ける資格がないということになるのです。

 

例外として専業主婦など、配偶者の年収が安定しており、200万円以上あるのであれば、配偶者によっておまとめローンを利用することが出来る場合もありますが、あくまでも例外ということで認識しておきましょう。

 

また、おまとめローンを利用する場合の注意点として、現在多重債務になっている借金の滞納はできるだけ少ない、あえていうのであればない方がおまとめローンの審査が通りやすいと判断される基準になっております。

 

おまとめローンの審査を受ける場合、源泉徴収票を用意しないといけないので、できるだけ年収が多いものを選択し用意しましょう。

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

プロミス

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

モビット

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8時〜21時対応の契約機があるので、地域を選びません。

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

アコム

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

おまとめローンの審査基準で重要視されている指標について

関連ページ

低金利のおまとめローンで多重債務を解消
おまとめローンの金利の設定方法は金融機関ごとに異なります。低金利のおまとめローン探しはこちら。
おまとめローンは総量規制対象外の銀行系の消費者金融がお得
おまとめローンを申し込むなら、銀行系の消費者金融の方がメリットがあります。おまとめローンの申し込みを検討しているならこちら。
おまとめローン利用者の評判や口コミは?
おまとめローンを利用する前に実際に使った人の口コミや体験談をチェック。