お金 借りる

MENU

お金を借りる基礎知識記事一覧

通常、借り入れ件数が4件以上になり、借金の総額が150万円を超えた場合は、どの会社も新規の融資をしてくれなくなってしまいます。国は多重債務の借り入れ件数を「5件以上」としていますが、実際は4件以上でも多重債務者と見なされます。そして新規の借り入れを断られる理由に「総量規制」があります。この総量規制は2010年6月に賃金業法が改正された時に導入されたルールで、融資限度額は年収の3分の1までという法律...

現在のカードローンは「即日融資」ができる業者が増えているため、利用する側としては大変助かる存在になってきているだけではなく、カードローンをうまく生活に取り入れて活用するようになってきています。また、「カードローン利用者が増えてきた」という話がありますが、その背景には即日融資で簡単に融資を受けることが出来るだけではなく、審査が以前よりも通りやすくなってきたという事情があります。実際にカードローンの申...

50万円未満の少額融資であれば、保証人なし・担保不要のカードローンを扱っている金融機関はたくさんあります。では、100万円の借り入れになれば、収入証明がないと借り入れができないのかというと、そんなことはありません。収入証明不要で、100万円まで借り入れができるカードローンがあります。それは、銀行のカードローンです。50万~100万円までなら、大抵の銀行で収入証明の提出を求めません。急いでお金が必要...

みずほ銀行のカードローンは、最大借入限度額が1,000万円と業界最高水準で、金利も低めなところも魅力です。また、みずほ銀行カードローンがインターネットでの申し込みを受け付けるようになってから、即日審査サービスが始まったことも、利用者を増やすポイントになっているようです。とはいえ、審査項目は他社と変わらないものの、年収の高さを重視した審査を行う傾向があるといわれています。そして、高額融資の場合は審査...

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行系列なので大手で非常に安心感があります。ただ、その名の通り銀行系のカードローンなので平日しか対応してもらえないと考えている人もおられるのではないでしょうか。平日は仕事などで忙しく申込できない。そう考えている人にとって、三井住友銀行カードローンは非常にお勧めのカードなのです。確かに銀行系のカードローン会社は土日は申し込みのみで審査は週明けという会社も多いのは事実...

消費者金融といえば、アコムやプロミスといった企業名がすっと出てくる人も多いのではないでしょうか。テレビCMや雑誌広告などでよく見かけますから、身近な存在のように感じますよね。でもこの消費者金融、ローン地獄に陥って大変な目に遭った、というような話を聞くこともあります。消費者金融とは、ほんとにそんなに怖いものなのでしょうか?結論からいえば、それは貴方の使い方次第、です。消費者金融が展開するローンサービ...

クレジットカードやカードローンを申し込んだり使用したりするときには、必ずそれぞれの会社より個人の信用情報が照会され、更新されています。この信用情報とは、簡単にいえばカードやローンの利用実績のことで、かなり細かな情報が保存されています。その内容の一例を挙げると、住所・氏名・年齢・電話番号・勤務先・免許番号、という個人的な基礎情報から、ローンを申し込んでいたならその契約内容、過去の支払いの遅延実績等、...

キャッシングやカードローンの申し込みを検討しているときによく聞く言葉が、「総量規制対象」「総量規制対象外」という単語です。見かけはするけれど、さてどういった意味だろうか?と疑問に持たれる方のために、簡単に説明いたしましょう。「総量規制」とは、年収の3分の1以上の借入を禁止するという規定です。この規定は、2010年の6月に貸金業法の改正が施行されてから始まりました。この法改正が行われた背景には、、多...

キャッシングを申し込む方法はいくつかあり、大手のたいていの消費者金融はいわゆる無人契約機を各地に置いて利便性を図っています。では、その無人契約機でキャッシングを申し込む場合、注意すべき点にはどのようなものがあるでしょうか。覚えておきたいのは、無人契約機であっても店員さんがおられる店舗で申し込む場合と同じ審査が行われる、ということです。ですから、本人確認や在籍確認のために準備しておく必要があるでしょ...

カードローンとは各会社によって融資額が決められています。例えば年収○○万円のお客様には最大限度額○○万円までです。などなど。しかしカードローン会社には半年間や1年間、期限を守って返済してくれたお客様には最大限度額が○○万円から○○万円まで増額が可能なことを知らせてくれる会社もあります。このことはカードローン全社に共通しているとは言えないので、事前に例えの例の前科があるかないかをインターネットや口コ...

みなさんはカードローンを利用した事はありますでしょうか?もしこれまでにカードローンを利用した事があるという人でその際に金利比較をした事がなかったという人がいたなら今後は金利比較をした上でカードローンを利用される事をおすすめします。それはどうしてかというと、今の時代はインターネットで簡単にカードローンの金利比較もできるようになるからです。ですが、多くの方はカードローンを利用しようと思った時にどこのカ...

どうしてもお金が必要となり、カードローンを申し込むケースというのがあると思います。そうしたとき、何とかして借りなければならないという思いから審査書類の内容をいい方向へ解釈して書いてしまうことも多いのではないでしょうか。特に既に借りている金額と件数などを少なく申告したり、収入を実際よりも多く申告したり、あるいは勤務年数を長くしたり、というケースです。カードローンを提供している会社は必ず信用情報機関の...

キャッシングを利用したいと思う場合、まずは申し込んで審査を受け、審査に通ったらお金を融資してもらえます。では、どのようにして申し込めばよいでしょうか。最も一般的なのは、従業員さんのおられる店舗に行って、申し込み書に必要事項を記入して申し込む方法です。店員さんと面と向かって話すのに抵抗がなかったり、キャッシングの会社が自宅の近くにある場合、この方法を利用出来るでしょう。別の方法としては、いわゆる自動...

毎月の生活費には家賃、携帯電話等の通信費、子どもの塾の月謝などさまざまに支払うものがあります。たまたま今月、結婚式があったので5万円くらい足りなくなったのでという理由からカードローンを利用することもあるかと思います。そんな生活費の不足分を補うためにカードローンを使うときに注意すべき点をまとめてみました。まず借りるお金は必要最低限度にとどめることが大切です。例えば5万円不足しているのであれば5万円を...

キャッシングは前もって予想出来る用途だけでなく、急な資金ニーズに応えることが出来るという点もメリットの一つですが、最短で融資を受けるためには必要な準備があります。これらを滞り無く行うことで金融業者の定める最短での融資が受けられますが、ここではキャッシング利用時に準備するべきものについて見ていきましょう。まず必須となるのが免許証などの身分証明証です。これは当然のことですが、一昔前まではコピーを郵送な...

カードローンを申し込むとその申込みを受けるか否かの審査が行われます。提出した書類や申し出た内容について問題がないか確認されていくとともに、ほとんどの場合において勤務先への在籍確認が行われます。これは記入した勤務先の電話番号に金融業者が電話を掛けて、本人が本当に在籍をしているかどうかを確認するものです。電話を掛けられることそのものが嫌に思われる場合もあるでしょうが、本人がきちんと収入を得ている場所が...

「月末の銀行引き落としのためのお金がちょっと足りない。しかも来週には学生時代の友人の結婚式が…」普通に生活をしていても出費がかさんで現金がどうしても足りなくなってしまうということはありますよね。そのようなときに力になってくれるのが消費者金融や銀行、クレジットカード会社などで利用できるキャッシング(カードローン)です。キャッシングは保証人などの担保が必要ないので早ければ申し込んだその日のうちにお金を...

キャッシング会社の利用条件等によって異なりますが、学生でもキャッシングを使うことはできます。多くの貸金業者は、満20歳以上を貸付条件にしており、これには学生も含まれます。ただし、社会人と比べれば審査が厳しくなっています。その理由は、「返済能力が低い」という事です。貸金業者もビジネスでお金を貸しているので、利息はもとより元金が返ってこなければマイナスになってしまいます。当然、そのようなことを避けるた...

クレジットカードを契約する場合、連帯保証人を求められることは非常に少ないです。キャッシングカードやクレジットカードの高額なキャッシング枠を設ける場合、連帯保証人を申請の際に記載することが必要になります。しかし、キャッシングの連帯保証人になることは非常に危険なことです。連帯保証人と聞くと保証人と思いがちですが、保証人と連帯保証人は全く異なります。むしろ、連帯保証人になる方が非常に危険であり、もし親類...

冠婚葬祭や飲み会などでいつもより多少のお金が必要になったときにカードキャッシングで用立てることかありますが、翌月の期日に一括で返すはずだったものが口座の残高が足りなくて引き落とせなかったということになると、クレジットカード会社は遅延が生じたと判断します。その場合はキャッシング利用者へメール、電話、はがきのいずれかで連絡してきます。はがきの場合は会社名を伏せて個人名で送られてくるようです。そして一日...

カードローン審査において非常に重視されているのが在籍確認というものです。これは申し込みをした際に記載した勤め先に、実際にその本人が存在して働いているのかどうかを電話連絡などで確認することを言います。カードローン審査はキャッシングと比べてより安定した収入の有無が問われますから、これはどの金融機関であってもほぼ必須の確認事項となっています。職場に電話連絡をされると言われるとカードローン利用をバラされる...

クレジットカードには大きく2つの機能があります。買い物をするために利用する機能と、ATMなどからお金を引き出す機能です。前者をショッピング枠、後者をキャッシング枠と言います。キャッシング枠はクレジットカード会社が貸金業にあたるため、キャッシングを行うことは年収の3分の1を超える借り入れを制限する「総量規制」の対象となりますが、クレジットカード会社の利用規約にも定められており、それによりクレジットカ...

カードローンの申し込み方法は、Web、店舗訪問、電話、郵送など、複数の申し込み方法が用意されています。Webで申し込みを行うとWeb審査が行われますが、Web審査とはどのようなものなのでしょか。Web審査には、2通りあります。1パターンは仮審査(一次審査)と本審査(二次審査)があるもの、もう1パターンは本審査だけというものです。金融機関ごとに、どちらかのパターンが採用されています。例えば、住信SB...

2010年6月に総量規制が施行されてから多重債務者が減っていますが、多重債務の状態がなくなることはありません。金融業者からお金を借り、そしてその返済のために別の業者からお金を借りる。この繰り返しで気付けば何社からも借入をしていたという状態になってしまいます。国は多重債務の借入件数を「5件以上」としていますが、実際には借入件数が4社以上で借入の総額が150万円を超えると、新規での融資を受けることが出...

近年、消費者金融のカードローンを利用してお金を借り入れる人が増えています。「すぐにお金を借りたい」「突然お金が必要になった」など、様々な理由に対応できる便利なものになっていますが、前もって注意すべき点を把握していなければ、高い利息で借り入れてしまったり、遅延損害金が発生するなど、様々な問題が起きてしまいます。場合によっては、お金を返済するために別に業者からお金を借りる状況を繰り返し行う「多重債務者...

クレジットカード利用額の引き落としや公共料金の引き落としなどで、口座の残高不足で引き落とすことができなかったという経験をお持ちの人は多いと思います。このようなことを防ぐ方法として、カードローンの自動融資というものがあります。カードローンの自動融資とは?クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としに設定している普通預金口座に残高が不足している場合、カードローンを契約していることで自動的に融資が...

カードローンを利用する人が増え、その存在は大きくなっています。このカードローンで借入をする際には、必ず審査が行われます。実はこの審査は「仮審査」と「本審査」の2段階に分かれていて、最初に仮審査を受けて無事通過できれば本審査に移り、本審査に通過できればカードローンが利用可能になります。この仮審査と本審査はカードローンを利用するために必要なもので、同じ審査であっても質が違うため、それぞれどのような審査...

カードローンをつくる時には、現金が必要な理由があり、さほど深く考えずに申し込みをして、返済を続けている人の方が多いのではないでしょうか。ですが、カードローンの返済が終わったとしても、そのことが住宅ローンを組む時に弊害になる可能性があるとしたら、気になるはずです。では、カードローンと住宅ローンにはどんな関連があるのか、一緒に考えてみましょう。そもそも住宅ローンを借り入れる際の審査では、「ローン返済比...

銀行系のカードローンの中では、三井住友銀行カードローンとオリックス銀行カードローンが即日審査の面で定評があります。銀行系カードローンの中でも融資スピードがダントツの三井住友銀行カードローンは、審査時間が最短30分で即日融資が可能です。三井住友銀行はローン契約機があるので、平日の15時以降や土日の即日融資もできます。オリックス銀行カードは、審査は最短即日で金利の低さではトップクラスです。しかし、カー...

土日に即日融資を受ける為には、即日融資に対応した業者のカードローンにインターネットでお申込みするところから始まります。お申込みは自動契約機でも行えますが、審査が行われている間はそこに拘束される為、無駄な時間を過ごさないという意味ではインターネットの方がお勧めです。お申込み後は入力した内容を元に審査が行われ、審査に通過でき次第、契約を行うために自動契約機へ向かいますが、その際、運転免許証やパスポート...

キャッシングでは、過払い金という問題が取り上げられることがあります。過払い金とは、本来ならば返済しなくても良い余分なお金のことを意味します。普通、キャッシングを含めた融資の契約は契約に同意することによって初めて効果を発揮するのですが、これは法律に基づいた契約内容であることが大前提となります。しかし、過払い金の問題というのは違法とは言えないまでも、法律的にグレーな範囲の金利を設定することによって消費...

キャッシングは、目的が不明でも利用できるので、ちょっと懐がピンチの時に借り入れをする人が案外多いのではないでしょうか。ですが、こうした安易なキャッシング利用をすると、その後に住宅ローンやクレジットカードの申し込みの際、与信に影響があるとしたら、どう思いますか?キャッシングの申し込みや利用履歴は、個人信用情報機関に登録されます。そして、この個人情報信用機関に登録されている情報が、信用取引の際には不可...

カードローンの利用明細が自宅に送付されてしまうと、家族にカードローンを利用していることば発覚するため、利用明細を送付させないためにWeb明細を利用されている人も多いと思います。また、ATMを利用した場合、利用明細がその場で発行されるため、自宅に利用明細が送付されないと思っている人も多いのではないでしょうか。実はATMを利用しても利用明細が送付される場合があります。どのような場合に利用明細が送付され...

金融機関は電話確認で何を確かめているのか銀行のカードローンや、信販会社・消費者金融のキャッシングを申し込むと、会社に確認の電話が入ることがあります。これは、申込者に融資をするにあたり、書類通りの勤務先に在籍しているのかどうかを、きちんと確かめるために行っています。申込者の中には、実際には勤務していない企業名や、すでに退職している企業の名前を記入する人がおり、後に回収不能になることが少なくないため、...

カードローンは普通に働いている人であるならばほとんどの方が利用することのできる大変便利なローンですが、最終的に返済しなければいけないことをあまり意識せずに無計画に利用していくとすぐに大きな金額となってしまい、その後の返済に苦労することが意外と多いのです。ですので計画的に利用することはもちろん大切なのですが、利用する際にいくつかチェックしておくとその後の返済に有利になるので覚えておくと良いでしょう。...

債務整理中にも関わらず、どうしてもお金が必要になってしまった!そんな時、新たにローンを組むことは可能なのでしょうか?銀行などがカードローン等の申し込み審査をする時にその判断材料のとして使う資料に個人信用情報機関の情報があります。この情報に、債務整理を行ったと分かるような事故情報があると、通常、カードローンの申し込み審査に通ることはないでしょう。ですから、債務整理返済中に新たにローンを組むことは可能...

近年は個人向けのカードローンを提供している金融機関が多くあります。カードローンは緊急にお金が必要になった時や、お給料日まで生活費が足りない時などに便利に利用することができます。しかし、カードローンでお金を引き出したら後日返済する必要があります。一般的なカードローンの返済の仕組みは利用した翌月の決まった日に銀行口座から引き落としされるようになります。返済金額は自分が利用ている残高によって異なりますが...

三井住友銀行のカードローンの返済方法とは?日本の三大メガバンクの一つである三井住友銀行からキャッシングする方法には、カードローンに申し込むか、クレジットカードをつくってキャッシング枠に申し込むかという、二つの選択肢があります。ここでは、カードローンの内容と返済方法について、お話しします。三井住友銀行のカードローンは、金利が4.0〜14.5%と低く、借入限度額最大800万円と高く、即日融資が可能と、...

かつてはカードローンを借りる時は、銀行の店頭で申し込みしなければなりませんでした。その後は、郵送での申込書を送り、契約成立後にキャッシング用のカードが届くというスタイルに変わりましたが、申し込んだ銀行に口座があることが前提というのが普通でした。ですが現在は、銀行口座をつくらなくても、カードローンを申し込み、融資を実行してもらうことができます。銀行で口座を開設せずにカードローンを利用するメリットには...

カードローンを契約する場合、一番必要なのは身分証明書となります。基本的には運転免許証で十分と言われていますが、免許証に記載されている住所と実際に居住する住所が異る場合があるため、公共料金の請求書を提示しなければならないこともあります。特に一人暮らしの場合は住所を特定するために必要となります。アルバイトやパート勤務の方は、職場への在籍電話を行ったとしても、長期的な雇用契約に無いため、住所確認が重要視...

いろいろな会社に連続してキャッシングを申し込むと、審査に通りにくくなるという話をよく見聞きすると思います。それは、事実です。キャッシングに限らず、クレジットカードに申し込みを行うと、個人信用情報機関にその履歴が残ります。そして、何社にも申し込みをしている履歴をみた金融会社は、審査で落とすことが多いのです。そもそも個人信用情報機関とは、キャッシングや各種ローン、クレジットカードの申し込み者が、支払い...