三井住友銀行カードローン 土日

MENU

土日も借りれる?三井住友銀行カードローンの魅力とは

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行系列なので大手で非常に安心感があります。

 

ただ、その名の通り銀行系のカードローンなので平日しか対応してもらえないと考えている人もおられるのではないでしょうか。

 

平日は仕事などで忙しく申込できない。

 

そう考えている人にとって、三井住友銀行カードローンは非常にお勧めのカードなのです。

 

確かに銀行系のカードローン会社は土日は申し込みのみで審査は週明けという会社も多いのは事実です。

 

しかし三井住友銀行カードローンは土日でも申し込みから審査まで行ってもらえます。

 

審査にとおって借りる際も、口座振り込みを指定してしまうと週明けの振込になってしまいますが、自動契約機を選択すれば、その日のうちにカードを受け取ってお金を借りることが可能なのです。

 

自動契約機は三井住友銀行のATMコーナーに多く設置されていますので、土日の休日でも問題ありません。

 

また、銀行系のカードローンでお金を借りる場合、前提条件としてその銀行に口座を持っていることが必要になる場合が多いのですが、三井住友銀行カードローンは三井住友銀行に口座がなくても借りることができます。

 

金利についても消費者金融よりも低めに設定される場合が多く、こうした点を踏まえても非常に魅力的なカードローンといえます。

 

借りるときのマナー!三井住友カードローン返済のシミュレーションをしよう!

カードローンで入金の後に待っているのは毎月の借金返済です。そこで気になるのは月々の返済金額。借りたら返すために事前に知って損はありません。そんなあなたにお勧めなのが三井住友カードローン返済シミュレーションのホームページです。

 

まず、ホームページの仕組みを説明します。一言でいえば、返済回数か毎月の総返済額(元金+利息)をシミュレーションできるシステムです。そのために、あらかじめ入力項目が3つ用意されています。
@お借入金額
A実質年率(金利)
B毎月元金ご返済額または返済回数
あとは「シミュレーション」のボタンを押すだけです。
また、ホームページの下に参考数値として借入金額に応じた毎月の返済額または返済回数が表になっています。

 

しかし、シミュレーションするだけでは意味がありません。目的は本当に返済できるかどうかです。ホームページはあくまで、検討するためのツールに過ぎません。そこで、大切になるのは借金返済の財源の算出になります。注意する点は、収入金額を基準にしないことです。あくまでも可処分所得の範囲内に返済額をとどめる必要があります。

 

可処分所得=収入金額−生活費

 

このように返済シミュレーションは可処分所得の範囲内で返済できるかどうかのツールとして便利です。