キャッシング 必要書類 証明書

MENU

キャッシングにはどのような必要書類がある?【年収証明は必要?】

「月末の銀行引き落としのためのお金がちょっと足りない。しかも来週には学生時代の友人の結婚式が…」

 

普通に生活をしていても出費がかさんで現金がどうしても足りなくなってしまうということはありますよね。

 

そのようなときに力になってくれるのが消費者金融や銀行、クレジットカード会社などで利用できるキャッシング(カードローン)です。

 

キャッシングは保証人などの担保が必要ないので早ければ申し込んだその日のうちにお金を振り込んでもらうことが可能ですよ。

 

◎キャッシングにはどのような書類が必要?
キャッシングを利用するためには金融機関による審査を受けなくてはいけません。

 

金融機関からは本人確認書類のほか、「年収を証明する書類」の提出を求められるのが一般的です。

 

「年収を証明する書類」というのは勤務先から年に1回受け取る源泉徴収票や、直近数ヶ月分の給与明細をいいます。

 

自分で事業をやっている方であれば確定申告書類の控えなどを準備しておきましょう。

 

◎年収証明書が必要ないキャッシングもある?
銀行系のカードローンなどでは申し込み金額が数十万円と少ないようなケースでは年収を証明する書類が不要とされることもあります。

 

なお、年収証明書が必要ない場合でも勤務先への在籍確認(勤務先に電話で確認されます)などは行われるので注意しておきましょう。

 

在籍確認がネックでキャッシングに申し込めないという方もいるかもしれませんが電話は「友人の?ですが」といったように金融機関であることは伏せてかけてきてくれますので勤務先にキャッシングの利用がばれてしまうことは少ないです。

 

もちろん自分の内線番号にかけてもらうなどすればより危険性は低くなりますので、申し込み時に相談してみると良いですよ。

 

キャッシングをバレないように使うには?

誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「キャッシング」。きちんとした返済の計画を立てて使えば、急にお金が必要になった時などはとても便利なサービスです。
でも周囲にキャッシングを使っていることはバレたくない…というとき、どうすればよいのでしょうか。

 

◆本人への連絡は携帯にかけてもらう
最近では、固定電話を持っていない人も増えているので、自宅の電話に直接業者から電話がかかってくることは減っていますが、もしも不安であれば「連絡は携帯にください」と申し込み時に伝えておけば、家に電話がかかってくることはありません。
ただし、返済能力や在籍の確認のため、勤務先に電話がかかってくることはあります。その場合は、金融業者は担当者の個人名だったり、銀行系のキャッシングであれば銀行名で電話がかかってくることが多いようです。

 

◆自動契約機などを利用する
自宅に郵便物が届いてキャッシングの利用がバレる…ということを不安視する人も多いでしょう。家に契約関係の書類が届かなくてもいいようにするには、自動契約機を利用したり、直接店舗で契約を済ませてしまうことがよいでしょう(そうでなくても、最近では本人確認書類の確認を携帯電話の写真撮影で済ませてしまうことも多いのですが)。

 

もちろん、これらの方法で周囲にバレずにキャッシングを使えたとしても、大切なのは「計画的に使う」ということであることを、忘れないようにしましょう。

 

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

プロミス

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

モビット

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

アコム

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?