キャッシング 最短

MENU

最短でキャッシングを利用するための準備

キャッシングは前もって予想出来る用途だけでなく、急な資金ニーズに応えることが出来るという点もメリットの一つですが、最短で融資を受けるためには必要な準備があります。これらを滞り無く行うことで金融業者の定める最短での融資が受けられますが、ここではキャッシング利用時に準備するべきものについて見ていきましょう。

 

まず必須となるのが免許証などの身分証明証です。これは当然のことですが、一昔前まではコピーを郵送などでやり取りしていたので、どうしても郵送期間のタイムラグが発生してしまいました。

 

しかし、最近ではスマートフォンのアプリやカメラ機能で画像として取り込み、それをメールや独自の応募フォームで送ることが出来るようになったので、最短でキャッシングを利用するまでの期間が大幅に短縮されました。

 

そのためキャッシングを当日や翌日など最短で利用したいという場合には、審査を待っている間に身分証明証などの画像データを事前に用意しておくと良いでしょう。
その他にも契約金額によっては収入証明書なども必要になることもありますので、事前に準備しておくと滞り無くスムーズに審査を受けることが出来ます。このように最短でキャッシングを受けるためには、事前に用意出来る範囲で書類やデータなどを取り揃えておくことが大切になります。

 

キャッシングを申し込む際は、金利が高いか安いかも考慮しましょう。

キャッシングを申し込む際に注意することは、キャシングとはどのようなものかを良く知ることです。

 

良く知らないで安易に借りて返済不能とか返済遅延などを起こすと、ブラックリストに載ってしまいこれからの金融取引が出来なくなる場合が多くなります。

 

キャッシングはどこの金融業者も電話、店舗、ATM、インターネットで申し込みが出来ます。

 

そして申し込みが済むと審査があり、審査を通れば契約となり、借り入れということになります。

 

審査で重要視されるのは安定収入があるかどうかです。
正社員でなければダメということはありません。
パート等でも安定収入があればOKです。
但し借り入れられるのは収入の1/3が限度です。

 

キャッシングを扱っているのは大きく分けて3つです。
まず消費者金融系です。
ここは審査が比較的優しく、手続きも速いです。
但し金利は他の銀行系や信販系より高いです。

 

銀行系は金利が一番安いです。
しかし審査には慎重で手続きの時間も比較的かかります。
私は多少手続きに時間がかかっても長期的に考えて金利の高い低いを重要視すべきだと思います。
結果として返済額が少なくて済むからです。

 

信販系は消費者金融と銀行の中間くらいで、金利も中間、審査や手続きも中間と考えればよいと思います。

 

プロミスやアコムは無利息サービスがあります。
金利が安いのは三井住友銀行グループのモビットです。

 

返済はATMで出来ますが手数料が取られる場合がありますので、出来るだけ手数料がかからない方法をとりましょう。

 

最短即日でキャッシングを利用するための準備

プロミス

最短即日でキャッシングを利用するための準備

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

最短即日でキャッシングを利用するための準備

モビット

最短即日でキャッシングを利用するための準備

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

最短即日でキャッシングを利用するための準備

アコム

最短即日でキャッシングを利用するための準備

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

最短即日でキャッシングを利用するための準備