キャッシング 連帯保証人

MENU

キャッシングの連帯保証人になる危険性とは何か?

クレジットカードを契約する場合、連帯保証人を求められることは非常に少ないです。

 

キャッシングカードやクレジットカードの高額なキャッシング枠を設ける場合、連帯保証人を申請の際に記載することが必要になります。

 

しかし、キャッシングの連帯保証人になることは非常に危険なことです。

 

連帯保証人と聞くと保証人と思いがちですが、保証人と連帯保証人は全く異なります。

 

むしろ、連帯保証人になる方が非常に危険であり、もし親類縁者から連帯保証人になることを頼まれた場合は断る必要があります。

 

そもそも、キャッシングの場合、現金を引き出すことが出来ます。

 

この点については、お金を借りることになるため、利用者がどんな用途に使用するか不明です。

 

また、キャッシングの債権者側は財産の差し押さえが難しくなります。

 

クレジット枠で購入した場合、購入した商品の所有権が支払い完了まではクレジットカード会社にあります。

 

その為、滞納した場合や債務整理において差し押さえを行うことが出来ます。

 

しかし、キャッシングの場合は用途は様々であり、回収困難になることがあります。

 

そこで、連帯保証人へ即刻、代理返済を行います。

 

保証人と全く同じ様に思えますが、連帯保証人の場合は、債権者へ返済請求を行うようにして支払いを拒否する権利や債権者の財産から返済を要求する権利がありません。

 

一方、保証人の場合、この2つの権利があり、自己破産や個人再生などの債務整理がされない限り、拒否権が存在します。

 

しかし、連帯保証人は全てにおいて権利が無いため、立場上非常に弱いという問題があります。

 

保証人と連帯保証人は似ているようですが、全く異なり、キャッシング契約者が1度でも返済を滞った場合、即座に支払いの請求がされます。

 

自分自身の生活を大きく変化させてしまう可能性があるため、連帯保証人をお願いされた場合は断ることも重要です。

 

また、保証人なのか連帯保証人なのかしっかりと確認する必要があります。

 

保証人や連帯保証人のどちらにしろ、安請け合いは絶対にしてはいけないと考えます。