キャッシング 無人契約機 注意点

MENU

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

キャッシングを申し込む方法はいくつかあり、大手のたいていの消費者金融はいわゆる無人契約機を各地に置いて利便性を図っています。では、その無人契約機でキャッシングを申し込む場合、注意すべき点にはどのようなものがあるでしょうか。

 

覚えておきたいのは、無人契約機であっても店員さんがおられる店舗で申し込む場合と同じ審査が行われる、ということです。ですから、本人確認や在籍確認のために準備しておく必要があるでしょう。

 

それで、本人確認のために必要な、運転免許証か健康保険証、またはパスポートを忘れずに持って行きましょう。無人契約機の画面上に置くことによって、スキャンされるのです。また、在籍確認も行われますから、勤務先の名称と電話番号を控えておくことも大切です。それらの情報は画面上で入力することになります。そして、入力した電話番号にオペレーターの方が実際に電話することによって、本人確認が行われます。

 

ですから、自動契約機と言っても、すべて機械が自動的に行うというわけではなく、実際にはオペレーターの方が契約機の前の申し込み者の様子をモニターを通してすべて見ておられるのです。そして、入力事項に不備があったり必要が生じた時には、オペレーターの声がスピーカーから聞こえてきます。
こうしたことを覚えておくなら、無人契約機でキャッシングを申し込む時にも慌てず落ち着いて、スムーズに行えることでしょう。

 

会社にばれずにカードローンを申し込む方法とは

カードローンに申し込み際に家族や会社にばれたくないと考える人は多いでしょう。

 

家族にばれない方法としては、ローンカードを無人契約機でうけとったり、明細書の郵送を希望しないなどで対処が可能であると言えます。しかし、申し込み時に避けて通れないのは職場への在籍確認です。

 

申込書に記載のあった会社に実際に勤務しているかどうかは、収入証明書が不要な場合は唯一の確認手段となるためです。ただ、会社に在籍確認があっても、消費者金融の場合社名を電話口でいうことはなく、担当者の名字で電話がかかってきます。また親会社が銀行系の消費者金融は親会社の銀行名でかかってくることもあります。そうしたことから思った以上に会社の人にばれるというリスクは低いと考えてもいいでしょう。

 

また、一部の消費者金融では在籍確認が不要という会社も存在します。ただし、その場合は申し込み時に在籍確認を希望しないことを伝え、会社が求める必要資料を提出することで可能になる場合もあります。

 

ここで必要書類と言われるものは、会社発行の健康保険書だったり、給与明細書、源泉徴収著などを指します。こちらについては在籍確認が不要な分借り入れまで時間が余分にかかってしまう可能性があることは事前に知っておくべきことになります。

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

プロミス

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

モビット

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

アコム

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点