キャッシング グレーゾーン

MENU

グレーゾーンによって過払い金問題は生まれた

キャッシングでは、過払い金という問題が取り上げられることがあります。
過払い金とは、本来ならば返済しなくても良い余分なお金のことを意味します。
普通、キャッシングを含めた融資の契約は契約に同意することによって初めて効果を発揮するのですが、これは法律に基づいた契約内容であることが大前提となります。

 

しかし、過払い金の問題というのは違法とは言えないまでも、法律的にグレーな範囲の金利を設定することによって消費者が返済しなくても良いお金が生まれることに問題点があります。
この問題は、根本的にキャッシングに対して適用できる利息や金利に関する法律が二つあったことに起因しています。
出資法と利息制限法という二つの法律がキャッシングに適用可能だったのですが、貸金業者にとっては出資法を基準として金利を設定したほうがより大きな利息を貰えることから、利息の範囲が小さくなる利息制限法よりも好んで出資法が利用されていたのです。
こうしてできた金利の範囲の違いを利用した融資が、過払い金として問題となりました。

 

当然、このような問題を放置してしまうと過払いによって返済しなくても良いお金が生まれてしまうことになるので、法改正によってこの問題を解決できるように行政に多くの人が働きかけたのです。

 

これからキャッシングで過払い金問題が生じることはない

貸金業法の改正によって、キャッシングに対して適用可能な法律は利息制限法に既に統一されています。
このことから、法改正がされて以後については過払い金という問題が発生することなくキャッシングを利用することができるようになったのです。
また、それまでに生じていた過払い金の問題に関しては債務整理という法的手段を利用することによって返済した余分なお金を全額返還してもらうこともできるようになりました。これにより、消費者が損をしてしまうこともなくなりました。

 

しかも、過払い金に伴う債務整理に関しては、その責任が消費者にはないことが明確なので、利用した事実を信用情報に記載しなくても良いようになっていて安全に使うことができます。

 

そして、過払い金の問題解決をしてからは、大手の消費者金融は銀行グループの傘下に入って新しい経営体制でキャッシングを提供しています。
従来とは異なって非常に信用性の高いサービスを提供しており、少なくとも少額融資のキャッシングで大きなトラブルが発生することはありません。
キャッシングのグレーゾーンの問題というのは、そのまま過払い金や利息の問題として処理できる問題であるため、これから初めてキャッシングを利用する人にとっては安全な無縁の問題であると考えて間違いないのです。

 

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

プロミス

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

モビット

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

アコム

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している