キャッシング ショッピング 現金化

MENU

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

クレジットカードには大きく2つの機能があります。買い物をするために利用する機能と、ATMなどからお金を引き出す機能です。

 

前者をショッピング枠、後者をキャッシング枠と言います。
キャッシング枠はクレジットカード会社が貸金業にあたるため、キャッシングを行うことは年収の3分の1を超える借り入れを制限する「総量規制」の対象となりますが、クレジットカード会社の利用規約にも定められており、それによりクレジットカード会社から不利益を被ることはありません。

 

しかし、現金化とは本来買い物をするためのショッピング枠を使い、購入した金券類を専門の買取業者に買い取ってもらうことでお金を作る方法で、ショッピング枠の不適正利用と考えられることから、クレジットカード会社の利用規約でも明確に禁止されています。

 

さらに、キャッシングであれば利息制限法で定められた範囲内で返済するため、トータルでの返済額は計算できますが、現金化では購入した金券類を定価で買い取ってくれることはなく、安値で買われた上に、業者の手数料なども取られるため、手取額は購入した金券類よりかなり少なくなるのが現実です。

 

このように、クレジットカードを使って現金を入手するのでも、キャッシングと現金化は大きく違います。極力現金化に頼ることのないよう、日頃から金銭管理をしっかりしておくことが大切です。

 

キャッシング枠と信用情報の関係とは?意外に知らないクレジットカードの落とし穴!

最近では、クレジットカードにもキャッシング枠が契約出来るようになりました。

 

キャッシングと聞くと消費者金融のカードローンをイメージすると思います。

 

確かに消費者金融系のクレジットカードは貸金業法により規制されており、金利も高いといったイメージが強いです。

 

一方、クレジットカードの場合、クレジットカード会社が提供しているため、カードローンと全く別のものと認識している可能性があります。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融系のカードローンは全く同じものとなります。

 

キャッシング枠も実際は、貸金業法で規制されており、総量規制が適用されます。

 

また、審査や取引情報の記録、そして支払遅延などの信用情報も同じ、貸金業法指定信用情報機関を利用することになります。

 

つまり、クレジットカードにおいてキャッシング枠を利用しており、銀行口座の残高不足により引落しがされなかった場合、信用情報に支払遅延の記録が残ることになります。

 

特にクレジットカードの支払については様々なシーンで利用する機会が多く、予想外に使いすぎることがあります。

 

その上、キャッシングがローンと同じ性質のものであると認識が低いため、ついつい問題と考えないことがあります。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融系カードローンを契約する際や保証会社が消費者金融系である場合、思わぬ問題になるので注意することが重要です。

 

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

プロミス

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

モビット

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

アコム

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い