カードローン 必要書類 収入証明書

MENU

カードローンの契約時に一般的に必要な書類は?

カードローンを契約する場合、一番必要なのは身分証明書となります。
基本的には運転免許証で十分と言われていますが、免許証に記載されている住所と実際に居住する住所が異る場合があるため、公共料金の請求書を提示しなければならないこともあります。

 

特に一人暮らしの場合は住所を特定するために必要となります。
アルバイトやパート勤務の方は、職場への在籍電話を行ったとしても、長期的な雇用契約に無いため、住所確認が重要視されます。
一方、会社員の場合、運転免許証および源泉徴収書を提示し、在籍確認を行うことで身元確認が完了します。
実際のところ、カードローンを契約するのは会社員に限らず、アルバイトやパート勤務者や専業主婦も多くいます。

 

そして、自動車免許の無い方も少なくなく、健康保険証を身分証明代わりにするものの、健康保険証の場合は身元確認のため、公的機関が発行する書類が必要となります。

 

一般的には、納税証明書や公共料金の支払証明となります。
特に水道料金の支払証明については、市町村で発行され住所や氏名を確認できる書類となります。
ただし、あくまで契約申込者と請求者氏名が同じである必要があり、確実性の高いものは住民票の写しとなります。

 

収入証明が出来ないと契約出来ない理由とは?

さて、カードローンの契約で必要書類としては、身分証明書類だけで済む場合と収入証明が必要な場合があります。
この違いは、基本的に融資希望額によって変わるだけでなく、他金融機関のローン契約状況でも変わります。
収入証明が必要な場合は、2通りあります。

 

まずは、融資金額が50万円以上を超える場合です。
二つ目が他社からの借り入れと融資希望額の合計が100万円を超える場合が一般出来です。
この2点は、貸金業法で定められる総量制限内に融資希望金額が収まっているかを確認するためです。
アルバイトやパートすなわちフリーターの場合、平均年収が150〜200万円と言われており、総量制限で定められる年収の1/3とすると50万円が融資限度額となってしまいます。

 

一方、会社員であっても日本人の平均年収は約400万円前後となっています。
この場合、年収の1/3の融資金額としては133万円となりますが、カードローンの契約先である消費者金融は100万円が限度額となってしまいます。

 

つまり、消費者金融は貸金業法指定信用情報機関の与信情報から他社からの借り入れ状況を照会し、年間所得に対してどの程度融資が可能か査定するために収入証明が必要となります。
収入証明が必要書類になるかどうかは、契約前に確認することをオススメします。

 

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

プロミス

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21:00まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

モビット

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8時〜21時対応の契約機があるので、地域を選びません。

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

アコム

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

カードローンに必要書類として収入証明が必要な場合とそうでない場合の違いは?

関連ページ

多重債務者は借り入れの審査が厳しくなる!なぜ複数の借金はばれるのか?
多重債務になると借入の審査に通りにくくなる理由。借入がなかなかできない方はこちら。
即日融資は審査は比較的通りやすい噂を検証
収入証明不要で100万円借りられるカードローンってある?
みずほ銀行カードローンは返済額が決まっているの?
土日も借りれる?三井住友銀行カードローンの魅力とは
消費者金融とは?メリットとデメリットを把握しておこう
カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?
キャッシングの世界でよく聞く「総量規制」ってどういう意味?
無人契約機でキャッシングの申し込みを行う時の注意点
カードローンの限度額を増やす方法とは
カードローンを利用する時は金利比較をするのが重要です
カードローンの申込の際に嘘の申告はすぐバレます
キャッシングを申し込む方法にはどのようなものがあるか
生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点
最短即日でキャッシングを利用するための準備
カードローン申込時の在籍確認、不在だとどうなる?
キャッシングにはどのような必要書類がある? 年収証明は必要?
キャッシングは学生でも借りられる?
キャッシングの連帯保証人になる危険性とは何か?
キャッシングして返せない場合はどうなるの?
カードローン審査の在籍確認とは何か
キャッシングとショッピング枠現金化の大きな違い
カードローンWEB審査とは?他の申し込み方法との違いは?
多重債務の状態で新たにお金を借りることはできる?
お金を借り入れる前に把握しておきたい注意点
口座の残高不足を自動的に解消してくれるカードローンの自動融資とは?
カードローンの仮審査と本審査の違いは?
カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?
今日借りたい!即日審査で選ぶカードローン
土日にカードローンを利用して即日融資を受ける方法とその注意点
キャッシングのグレーゾーンの問題は法改正によって解決している
キャッシングを利用すると将来、与信に悪影響があるって本当?
ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。
周囲に気づかれないため、電話確認なしでキャッシングできる方法はないの?
カードローンを利用後に上手に返済していくコツ
キャッシングの審査に通らない!そんな時、見直しておきたい項目とは?
カードローンの返済方法と返し方のコツについて
三井住友銀行でキャッシングした場合の返済方法を教えて!
口座なしでも、借りられるカードローンはあるの?
複数のキャッシングに同時に申し込むと、審査が通らないのはなぜ?