カードローン 審査 信用情報

MENU

ローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

クレジットカードやカードローンを申し込んだり使用したりするときには、必ずそれぞれの会社より個人の信用情報が照会され、更新されています。この信用情報とは、簡単にいえばカードやローンの利用実績のことで、かなり細かな情報が保存されています。

 

その内容の一例を挙げると、住所・氏名・年齢・電話番号・勤務先・免許番号、という個人的な基礎情報から、ローンを申し込んでいたならその契約内容、過去の支払いの遅延実績等、かなり事細かな情報が残っています。

 

カードローンなどを契約した際には、このような信用情報をローン業者が加盟する信用情報機関に開示するという内容の記載がありますので、知らなかった、では実は済まされない話です。

 

この信用情報機関は主に3つ存在し、それぞれクレジットカード会社や銀行、消費者金融業者は最低ひとつに加盟しています。

 

一般的な個人データや取引履歴などについては、加盟する信用情報機関に照会されるだけですが、支払いの延滞や債務整理などといった「金融事故」に区分される実績がある場合には、信用情報機関すべてに情報が共有されます。

 

そのため、過去の傷を隠したり、虚偽の情報を申告してはまず不可能なのです。

 

つまり、お金そのものをやりとりするクレジットカードやカードローンの業界において、なによりも個人の信用が大事であるという証拠の表れであるともいえます。

 

情報の保存期間は契約終了後から5年間であることが多いですが、自己破産や民事再生といった官報に公告されるような履歴の場合には10年間保存されます。

 

総量規制対象外のカードローン審査の審査基準

総量規制対象外のカードローンとは、一般的に銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うカードローンのことになります。

 

銀行カードローンは、銀行窓口でも申込できますが、インターネットを利用して申込することもできるようになってきています。

 

インターネットで申し込む時に気をつけなければいけないこととしては、入力の間違いをなくすことです。

 

インターネットで入力した内容は、人の目を通ることなく機械で審査に掛けられるので入力の間違いがあってもそのまま審査が行われてしまいます。

 

よく間違える箇所としては金額の単位です。

 

金額欄は千円単位で入力する場合が多くあるので、例えば年収が400万円の場合4000千円と入力しないといけないところ、単位が万という先入観より400千円と入力してしまい、本来審査に通る年収であっても入力ミスが原因で否決となってしまうことがあります。

 

インターネットでの申込は落ち着いて、最後に確認を行った上で審査依頼をするとよいです。

 

その他として、申込人の返済履歴も審査に大きな影響があります。

 

現在、借入を行っており、毎月の返済などが遅延していると減額や否決となることがあります。

 

返済の遅延は、人物そのものの信頼性に繋がります。

 

審査では、過去に返済の遅延がある人物は今後も借入を行っても遅延する可能性があると判断するのです。

 

総量規制のように借入金額に規制はありませんが、日ごろの返済状況など本来守らなければいけないことを真面目に守っていれば、審査も問題なく通ると考えられます。

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

プロミス

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

モビット

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

アコム

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

カードローンの審査を左右する信用情報とはどんなもの?