カードローン 生活費

MENU

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

毎月の生活費には家賃、携帯電話等の通信費、子どもの塾の月謝などさまざまに支払うものがあります。たまたま今月、結婚式があったので5万円くらい足りなくなったのでという理由からカードローンを利用することもあるかと思います。そんな生活費の不足分を補うためにカードローンを使うときに注意すべき点をまとめてみました。

 

まず借りるお金は必要最低限度にとどめることが大切です。例えば5万円不足しているのであれば5万円を借りるということです。6万円、7万円と余計に借りるとあとで返すのも大変になったり、余ったお金で浪費してしまうおそれもあります。ということで借入額は必要な分にしておきましょう。

 

そしてカードローンを申し込むときは出費を見直すところから考えるということも大事です。に対に支払う必要がある生活費以外にも後回しにできたり、支障がないので今月で解約できるものがあるかもしれません。携帯電話を1家で3台使っていたら1台を解約するとかも可能であればそういった選択も必要です。

 

最終的にカードローンに申し込むときは毎月の返済額が少なくて低金利のカードローンを選んで返済の負担を軽くすると家計の負担も減ります。毎月の返済額は新たな固定費として家賃のようにしばらくは支払い続けないといけません。これでさらに家計が苦しくなると本末転倒になります。
このようにカードローンを利用するときはしっかりと節約するところは節約して返済可能な分だけを借りることが大切です。

 

初めてカードローンを利用する際に見ておくポイント

急な出費があったときなどどうしてもお金が必要になる時もあるかと思います。

 

そんな時に強い味方となってくれるのがカードローンという存在です。

 

しかし初めてカードローンを利用してみようと思っても、きちんと返済ができるだろうか、アルバイトでは借りられないのではないかといったように様々な不安を抱えるている方が多いことでしょう。

 

カードローンは賢く利用すれば自分の暮らしを便利にすることができるものですので、まずは自分に合ったカードローンを選択することが大切なポイントです。

 

カードローンを提供している企業は多くありますが、それぞれに特色があります。例えばインターネット上のみで申し込みが完結できたり、低金利だったりといった点です。

 

即日融資を受けられるカードローンも存在していますので、急にお金が必要になったという方には見ておきたいポイントです。

 

初めて利用を検討される方の中には専業主婦の方やパート、アルバイトといった方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような方でも申し込むことが可能なカードローンもありますし、中には満20歳以上ならば学生でも申し込みことが可能な金融会社もあります。

 

職場や家族に内緒で借りたいという状況に対応しているカードローンもありますので、自分の立場や何を望むかといった点で選択するのも良いでしょう。

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

プロミス

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

モビット

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

アコム

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

生活費を補うためにカードローンを利用するときの注意点