カードローン 住宅ローン 審査

MENU

住宅ローンの審査に重要な「ローン返済比率」とは?

カードローンをつくる時には、現金が必要な理由があり、さほど深く考えずに申し込みをして、返済を続けている人の方が多いのではないでしょうか。
ですが、カードローンの返済が終わったとしても、そのことが住宅ローンを組む時に弊害になる可能性があるとしたら、気になるはずです。
では、カードローンと住宅ローンにはどんな関連があるのか、一緒に考えてみましょう。

 

そもそも住宅ローンを借り入れる際の審査では、「ローン返済比率」が重視されます。
これは、年収に占めるローンの返済額の比率のことで、年間合計返済額を年収で割って計算します。
このローン返済比率が低ければ低いほど、住宅ローンの審査が通りやすくなるのです。

 

ここで大事なのは、ローン返済比率に含まれるのが、住宅ローンだけではないということです。
マイカーローンや教育ローンだけでなく、カードローンの返済額も、合わせて計算されます。
そのため、ローン返済比率が高くて、住宅ローンの審査に通らなかったり、融資額を減額されることもあります。

 

カードローンは借りられなくても、利用限度額まで借りたものと見なされる!

ここで注意しておきたいのが、カードローンの契約をすると、利用しているか否かに関わらず、限度額いっぱいまで借りた場合の返済額が、ローン返済比率に適用されるということです。

 

カードローンを完済していても、契約が残ったままであれば、それは借金としてみなされます。
そして、すべてを合算したローン返済比率が20%以下でなければ、住宅ローンの審査に通るのは難しいのが現状です。

 

ただし、住宅ローンは高額な買い物を目的としているので、家族の収入を合算して審査することもできるので、金融機関に相談してみるとよいでしょう。
とはいえ、住宅ローンの審査を通したいと思っているなら、持っているカードローンはできるだけ早く返済するのはもちろん、未使用のものは解約することをおすすめします。

 

いざという時のために、カードローンを解約したくないと考えているなら、住宅ローンの事前審査を申し込む際に、担当者に相談してみましょう。
借り入れが可能なのか、条件が付く可能性があるのかが事前にわかれば、カードローンの解約も含めて検討ができます。

 

そして、住宅ローンを申し込む際には、給与振り込みを行っている銀行に相談するのが一番です。

 

また、複数の金融機関で、住宅ローンの仮審査を一括で申し込めるサービスもあるようなので、利用を検討しましょう。

 

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

プロミス

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

モビット

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

アコム

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

カードローンを持っていると、住宅ローンの審査に影響するって本当?