カードローン 返済方法

MENU

カードローンの返済の仕組みについて知っておくべきこと

近年は個人向けのカードローンを提供している金融機関が多くあります。
カードローンは緊急にお金が必要になった時や、お給料日まで生活費が足りない時などに便利に利用することができます。

 

しかし、カードローンでお金を引き出したら後日返済する必要があります。
一般的なカードローンの返済の仕組みは利用した翌月の決まった日に銀行口座から引き落としされるようになります。
返済金額は自分が利用ている残高によって異なりますが、多くは5千円から1万円以上の程度の返済となります。

 

注意しておくことは1万円を返済したからと言って、元金が1万円減っているとは限らないことです。
例えば、50万円の限度額の内、40万円を利用したとします。

 

月々の支払い額が1万円だった場合、その1万円の3割から5割はくらいは利子の支払いになります。
カードローンの利率は高めに設定されているケースが多いため、年率で14%くらいの金利が適応されていることもあります。

 

自分では毎月元金が1万円ずつ減っていると勘違いして、1年経てば12万円減っていると思っていると、実はその半分くらいしか元金が減っていないこともあるのです。
カードローンを利用する際はこの返済方法の仕組みをきちんと理解しておくことが重要です。

 

カードローンの返済方法を早く終わらせる方法

ではカードローンの返済をもっと早く終わらせるコツを紹介します。
その方法は繰り上げ返済をすることです。
繰り上げ返済とは毎月口座からの自動引き落としの前に、自分で返済をすることです。
大抵、銀行やコンビニのATMから随時入金できるようになっています。
よって、お金に余裕がある時は数千円でも返済することで元金が減るのでおすすめです。

 

入金の手数料は無料のことが多いので、経済的です。
さらに銀行やコンビニのATMへ行くのが面倒な方はインターネットから返済することも可能です。

 

例えば、楽天銀行のカードローンではインターネットから返済することができます。
また、インターネット返済なら24時間いつでも入金できるのも魅力です。
通常の引き落とし口座からパソコンやスマホを利用して入金できるので忙しい人でも隙間の時間を使って返済できます。

 

このように少しずつでも返済することで、早めに借金を完済することができ利子も余分に支払う必要がなくなります。
利息は日割り計算になっていることが多いので、自動で引き落としされるのを待っていては利息が加算されてしまうので不経済です。
カードローンは簡単にお金を引き出すことができるため困っている時は役に立ちますが、返済計画をきちんと考えて利用することが大切です。

 

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

プロミス

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

モビット

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

アコム

カードローンの返済方法と返し方のコツについて

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

カードローンの返済方法と返し方のコツについて