カードローン 限度額 増やす

MENU

カードローンの限度額を増やす方法とは

カードローンとは各会社によって融資額が決められています。
例えば年収○○万円のお客様には最大限度額○○万円までです。などなど。
しかしカードローン会社には半年間や1年間、期限を守って返済してくれたお客様には最大限度額が○○万円から○○万円まで増額が可能なことを知らせてくれる会社もあります。
このことはカードローン全社に共通しているとは言えないので、事前に例えの例の前科があるかないかをインターネットや口コミ、コールセンターなどで調べる必要があります。
別例で、あなたが仮に3社からの融資を受けているとします。
その時は返済期限を守っていても最大限度額の増加は難しいです。
ですが、現状でこれ以上借りる予定のない方にはおまとめローンがオススメです。
仮にあなたの最大限度額が100万円とします。
A社から50万円、B社から40万円、C社からは30万円の場合、3社で合計120万円借りていることになります。
この時に日頃から返済期限を守っているカードローン会社に3社のおまとめローンの話をすると審査が通りやすいです。
カードローン会社によっては返済のみで借りれないところもあるので注意しましょう。
よっておまとめローンが通った後のあなたの最大限度額は120万円まで増加します。

 

気を付けましょうカードローンの限度額

カードローンを選ぶ時、もちろんその会社の情報など調べてから申し込みをするのは、当たり前のことですが。
この時にカードローンの限度額にも注意を払うことが大事です、出来れば限度額はあまり大きくないところから始めるのがいいでしょう。

 

カードローン初心者の場合、限度額が大きく余裕があるとついつい気軽に借りてしまい、後に返済に苦労することになったりもします。
特に初めてカードローンを利用する人は、あまり大きな限度額を提示していない業者がお勧めです。年収で限度額はある程度決まってきますが、上限が低ければ、借りるのにも注意が必要になりますし、本当に必要な金額以外は借りずに済むからです。
多分ほとんどの方が、限度額は大きい方が便利だと思っていらっしゃると思われますが、逆の効果も考えて選ぶのもまたよろしいのではないでしょうか。
特に、意志があまり強くないと自覚のある方、衝動買いを多くする方の場合などは、この限度額はストッパーの役目も果たしてくれますので、注目することをお勧めします。

 

年収で限度額が規制されている業者はともかく、銀行ローンはその範疇ではありませんのでこちらも注意です。銀行ローンだと金利も安いので、限度額も大きく使いやすいように見えますが、後々の返済のことも考えればあまり大きな限度額設定の銀行ローンは止めておいた方が無難かもしれません。

カードローンの限度額を増やす方法とは

プロミス

カードローンの限度額を増やす方法とは

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

カードローンの限度額を増やす方法とは

モビット

カードローンの限度額を増やす方法とは

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

カードローンの限度額を増やす方法とは

アコム

カードローンの限度額を増やす方法とは

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

カードローンの限度額を増やす方法とは