カードローン ATM 利用明細 郵送

MENU

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

カードローンの利用明細が自宅に送付されてしまうと、家族にカードローンを利用していることば発覚するため、利用明細を送付させないためにWeb明細を利用されている人も多いと思います。

 

また、ATMを利用した場合、利用明細がその場で発行されるため、自宅に利用明細が送付されないと思っている人も多いのではないでしょうか。
実はATMを利用しても利用明細が送付される場合があります。どのような場合に利用明細が送付されるのか確認してみましょう。

 

融資を受けている金融業者のATMの場合

利用明細はその場で発行されるものだけで、自宅に送付されることはありません。

 

提携他社ATMやコンビニATMの場合

送付されることがあります。法律が改正されて利用明細には融資や返済の頻度、返済計画などを記載することが義務付けられました。

 

ATMの中にはレイアウトの関係からこれらの記載必須事項を印字できないATMがあり、そのATMを利用した場合、利用明細が郵送されます。
したがって、提携他社やコンビにのATMを利用する場合は注意が必要です。

 

このようにATMを利用した場合でも、利用明細が送付されることがあります。
送付させないためには金融業者のATMか店頭窓口を利用するようにしてください。

 

キャッシング契約を無人契約機で行うには、何が必要か解説します。

街でよく見かけるキャシングの無人契約機ですが、実際に利用したことがある人は少ないのではないのではないでしょうか。
その理由は方法がわからない、人に見られたらどうしようということが多いと思いますが、利用手順を確認しておけば、その場で迷うこともありませんし、少しでも時間を短くできますので、人に見られるリスクも少なくなります。
ここでは利用手順について確認してみましょう。

 

@ホームページから新規の申し込みを行うことをおすすめします。
無人契約機で申し込みを行うことはもちろん可能ですが、入力項目が非常に多いため20分以上の時間を要してしまいます。
時間短縮のためにもホームページで新規の申し込みを行い、必要な情報を入力しましょう。
A契約可能の連絡がきたら、無人契約機に行き、契約をしましょう。

 

準備する仕様

身分を証明するために、健康保険証や運転免許証などの身分証明書が必要になります。必ずこれは必要になりますので、持参してください。

 

また、借り入れ希望額が一定額以上(例えば50万円以上)の場合や、すでに他社から借り入れがあり合計が一定額以上(例えば100万円以上)の場合は、身分証明書に加えて、源泉徴収票や確定申告書、給料明細書が必要になります。

 

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

プロミス

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

  • 受付時間:9:00〜22:00※一部21時まで
  • 土日・祝日:可
タッチパネルでスムーズに申込み。受付時間は9時〜22時(一部21時まで)と融通が利くので、ゆとりを持って申込が可能です。

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

モビット

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

  • 受付時間:営業所による
  • 土日・祝日:可
受付時間は営業所によりますが、沖縄や北海道でも8:00〜21:00対応の契約機があるので、地域を選びません。

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

アコム

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。

  • 受付時間:8:00〜21:00
  • 土日・祝日:可(年末年始を除く)
ガイダンスに従い、タッチパネルを操作。困った時はオペレーターに相談ができるので、初めての方でも安心です。

ATMでカードローンを利用しても、利用明細が郵送されることがあります。